日本全国、ソープのある街というのは限られています。
県の条例で決められている所もありますし、市内で決められている場合も。
他にも地元住民の反対の声によって余儀なく撤退したケースもありますね。
熊本ではそんな風俗の殿堂が未だに存在しています。
ソープというとやはり吉原のイメージが強いのですが、向こうは基本的に高級店が多いですね。
対してこちらでは大衆店が多いのでその分敷居は低くなっています。
大衆店ということはもちろん料金も安いので予算が厳しい時でも利用出来ます。
時間によっても変わってきますが、大体12000円から15000円程度で遊ぶ事が出来ますね。
朝の30分コースとなると5000円やそれ以下で利用出来る店舗があったりとかなり安くなっています。
2万円あればゆっくり遊ぶ事が出来ますね。
女の子は20代〜30代がやはり中心になっていますが、10代の子を使っている店も多いです。
数年前に驚いた平成生まれの子達ですが、今や当たり前のように遊ぶ事が出来ますね。
基本的には若い子を中心にしている店の方が料金は高いのですがそれでも大衆店ですので非常にリーズナブルです。
若い女の子達と安く本番がしたいということであれば熊本は絶対に外せないですね。

 

熊本の風俗